ハーレー 一目瞭然総ざらい

アメリカ人と日本人は手のサイズが違うためハーレーのレバーを交換すると運転がしやすい

フロント

ハーレーはアメリカのバイクですので、アメリカ人の平均的な手のサイズを考えて設計されています。そのため、アメリカ人に比べると小柄な人が多い日本人がハーレーに乗るとレバーが遠くて握りづらい、重くて疲れる、太くて握りにくいという状態になってしまうことはよくあります。

ハーレーのレバーを交換する人は良くいます。日本人の手のサイズにあったサイズのレバーに取り替えることによって、握りやすさを向上したり、操作性を上げるタイプなどを選べるようになっています。
女性や握力に自信がない人向けのソフトタイプなどもあるため、自分にあったものを選べるようになっているというのも嬉しいポイントです。

クラッチレバーの中には、盗難防止機能がついているものもあります。脱着式のクラッチレバーにすることによって、ツーリングに行った際に食事などで車両から離れるときに、レバーを取り外すことによって乗り逃げなどをされなくなります。このタイプのものは工具も特別必要ではないというのも、取り入れると便利なポイントと言えます。

ツーリング

一見レバー交換は地味な変更ですが、使い勝手という点では満足の高いパーツ変更と言えます。
また、クラッチレバーやケーブルの調整は基本的なメンテナンスの一つに含まれます。転倒してしまった時のことなどを考えると、レバー交換の知識は持っておくということが望ましいと考えられます。
万が一の時でも交換ができるようにしておくと、ハーレーを乗る際にも安心して乗ることができるようになります。レバーを交換する際には、実際にレバーを握ってから自分にあったものを選ぶことが大切です。指の長さや好みに合わせて選びましょう。

カスタムショップとディーラーでのハーレー車検の違い

ハーレー

ハーレーの車検は購入したディーラー以外にも、ハーレーのカスタムショップでも受けることができます。例えばディーラーでハーレーの車検を受ける場合、車検とともに全体のメンテナンスをしてもらうことが可能です。
この時メンテナンスパックなどのプランを利用して購入していると、より細かな部分までメンテナンスしてもらえるので普段自分たちでは見ない部分も確認してもらえます。また車検を受ける際の手続きや終了後の説明も丁寧にしてくれるところが大きなポイントで、安心して車検やメンテナンスをお願いできるところがメリットです。

ただその分車検にかかる費用が高いというデメリットがあるほか、メンテナンスパックなどのプランを利用する場合はそちらの費用が高く設定されていることもあります。このためディーラーにハーレーの車検をお願いする場合は、費用に合ったサービスを実施してくれているのかどうかが重要になります。それに対してカスタムショップでハーレーの車検をお願いすると、ディーラーよりも費用が安くなっているところがポイントです。パーツ交換や修理が必要になった際にはそれなりの費用は掛かりますが、そうでなければリーズナブルな価格で車検をお願いできます。

ハーレー集団

ほかにもカスタムショップで車検を利用する場合は、そのままパーツの交換やカスタムなどの作業も一緒に行うことが可能です。このため、車検ついでにパーツや部品を交換したい・カスタムしてみたいと考えている人にはカスタムショップがおすすめだと言えます。
注意点としてカスタムショップによっては対応や車検自体が杜撰に行われる可能性があるほか、パーツ交換などの費用を請求された結果高額な費用が掛かるというケースもあるようです。